死装束チョコレート#9

ユキヤのどうでもいいことをただ綴る日記みたいなものとか、過去の話をダラダラ書いたりしちゃうかもよ?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
FUNAGOYA
本当は海に行きたかったんだけど連日ハードな仕事で疲れてて、しかも昼過ぎに起きたってのもあり近くの川にいくことにした、ようするに水に浸かってこの真っ赤なボデーを冷せれば何処でもよかった。

んで船小屋にきたんだけどこれが結構人多い、100人くらいの人がいたんじゃないかな。

でもやっぱり川ってこともありあまり若者の姿は見られなかったね、特に女の子は少なかったのでテンションさがる。





日差しが強くて肌が溶けるかと思うくらい暑かったんだけど、川の水はやたら冷えてた。
いきなり胸まで浸かったら心臓止まるかと思ったよ。

ウチの娘は運動神経がいいらしく華麗に犬掻きしてた。
で、父親である俺実はカナヅチですwwwwwww





近くに若いギャル2人連れたギャル男が戯れててそれを見ながら「イイナー」とかウラヤマシスしてたんですけど、気付いたら娘が流されてた。

慌てて追いかけたんだけど何故か娘は喜びさらに下流のほうにバタアシで加速して行く。アホか。

あと40歳手前くらいのゴツイオッサン2人組がいて、川の流れに逆らって全力でクロールしてたりして見てて面白かったね。





まぁなんてことないんだけど久々に娘を遊びに連れてやれたので良かったなと思います。

しかしあの2人のギャルかわゆすかわゆすうぇうぇ













今年花火大会もう6箇所見た、全て仕事帰りの高速道路からOOOrrrrrzzzzzzzzzzzzzzzzz



ユキヤ


17:12 | ダディ | comments(5) | trackbacks(0)
未完成
自分のことじゃないけど、ごく近い身内のことでかなりショックなことがあった。

残り1ヶ月半切った頃にわかった現実。

本人達はその日をどれだけ心待ちにしてただろう。

俺もその誕生を心待ちにしていた。

TVの中の世界だと思ってたのに、まさか自分の身内に・・・。

5000人に1人の確率らしい。

ドクターは不運としか言い様がないと言っていた。

誰が悪いわけでもない。

その子が悪いわけでもない。

今、自分の子供を見て、小さいながらもよく五対満足、健康で育ってくれたなと思う。

しかしそれと同時にすごく悲しくなった。

でも一番ツライのは本人達だろう、それはわかってる。

本人達がどういう選択をするかわからないが、誰も彼らを責めないだろう。

責めるとすれば、俺は神を責めたいです。



ユキヤ
23:11 | ダディ | comments(3) | trackbacks(0)
赤面ダンス
今日は娘の保育園の運動会があったので行ってまいりました。。
連日雨が降ってて運動会は延期かなと心配されてたけど見事に今日は快晴、絶好の運動会日和となりました。
しかしあれですね、俺実は娘の運動会が苦手なんですよ。いや娘が頑張って走ってる姿とか見るのはやはり可愛いものですし微笑ましいわけですが、何がイヤかってほら、親が参加する競技とかあるじゃないですか。
「お父さんお母さんもぜひ参加してくださいねー」って悪魔のような笑顔で先生達からお願いされて綱引きだの子供と一緒にリズム運動などさせられるじゃないですか。
アレが俺はすっごく苦手なんですよ。
たくさんの人が見てる前で爽やかなパパ演じることが俺には出来ないわけですよ。
周りのお父さんとか見てると平気で人前で「がんばれー!ゆうくん!」とか大声で応援とかさ、爽やか笑顔全開で「家でもこんな優しいパパしてますねーん」みたいなことアッピールしながらリズム運動とかさ、してるわけですよ。
「お前絶対家でそんなに爽やかなパパじゃねーだろ」とどこか冷めて見てしまうんですよね。うん、多分こんなこと考える俺がおかしいのだけれど。
俺にはそういうのがもうね、恥ずかしくって出来ない。顔まっかっかになってしまう。誰もお前なんか見てないっつーの、ってな。そう思われるかもしれんけれど。
んでこれまで娘の運動会には足運んでるんだけど、親参加の競技ってのはかつて一回しかありません。それもイヤイヤ参加して終始「・・・('A`;」な顔しててまったくもってつまらなそうな、全然爽やかなパパじゃないわけですよ。

そしてそして、今日娘の運動会があった。実は5歳の娘にとって保育園最後の運動会だったりするんです。
去年10月に大牟田からこの八女に引っ越してきたんですけど、実はこの保育園に来るの初めてだったりするんだよな。
でこの八女の保育園、大牟田の保育園とは明らかに違う。何が違うってまず親の質だね。
大牟田もかなりの田舎だけどこの八女はそれ以上に田舎じゃないですか(八女の人ごめんね)大牟田では割とセレブきどりの奥様方とかオサレな格好した奥様方がいらっしゃったんですけど、この八女のママ達はもうさっきまで寝てましたみたいな格好で平気でくるからね、酷い酷い(ごめんね八女の奥様方)まぁ全部が全部ってわけじゃないけど。
あとパパ達なんだけどアレです、どこの田舎のヤンキーだよってナリしたパパが多いのが目についた。剃りこみ入ってる角刈りとかマジ久しぶり見た。金のネックレスとか。「こんな化石みたいな人いるんだね^^;」ともうそれ見ててずっと笑ってましたよ。
あと先生達なんだけど明らかに大牟田の保育園の先生と違う。とにかく暗いの、覇気がねぇ。みんな死んだ魚のような目してたからな、先生達やる気ないのか。

まぁそんなこんなで運動会が始まったんですけど、ウチの娘は年長組ってこともあって出る競技が多いこと多いこと、親としては見がいがありましたね。
こういう保育園の運動会でよく先生に言われるのが「ぜひお父さんお母さんも参加してくださいー^^」っていう親参加の競技ね。
今回も例の如くそう言われたんです、そう俺がもっともイヤな瞬間。もうそう言われるとすぐ断る理由を考えるからな、親失格かもわからん。
でも今回は娘にとって保育園最後の運動会、「出てやらないとなー」っていう気持ちもありました。
んで親参加型の競技なんだがプログラム見ると2つあって1つはタイトルからしてリズム運動みたいなもんだから嫁に参加をお願いしました。
んでもう1つが『うらおもて』とかいうすごく謎いタイトルが付けられた競技。これに俺が参加、もうイヤイヤ参加したんですけどね。
どんな競技かと思ったらただ単純に赤と白の丸い形したダンボールをひっくり返していって最後に数えて色の多いほうが勝ちみたいな、ようするにオセロです。紅白オセロ。
もうこれは余裕だった、これぐらいなら余裕だぜハッハー!と言って娘と一緒に赤色見つけては白に返し、赤色見つけては白に返し、とただ単純作業をこなしてました。というかコレ親参加する必要性はあったのかな?と疑問感じたわけだけど我が子供と一緒にするのに意味があるんでしょうね。
んでオセロ終わらせて、もう俺の仕事終わったあとは終わるまでまったり見るかーみたいに余裕ぶっこいてたら、なんかアナウンスで

「保護者の皆様、入門ゲートにお集まりくださいー」

みたいに突然流れるんです。
でプログラム見ると確かに保護者だけ集まって何か競技するみたいのがあったんですけど、これ聞いてない。
一応親が参加するやつは事前に聞いてたんですけどこんなんは聞いてない。
で、そんなアナウンス流れてもシレッと座ってるじゃないですか、俺関係ないみたいに。
そしたら先生に

「○○(娘の名前)ちゃんのパパとママも早く!参加して!」

とか呼ばれて無理矢理参加させられた。
んで入場ゲートに保護者だけ集まってたんですがまだこの時点で何をするか知らされてないんですよ。
もうこれには俺も不安いっぱいでね、何をするんだろう〜〜って、そこに集まってた保護者達はみんな「?」な顔してましたよ。
んで俺は先頭にいたから先生に聞いてみたんです。何をやらされるのか。
そしたら「大玉転がしですよー^^」みたいなこと言われてね、「ああ、玉転がしリレーか、これならまぁおk」とか思ってたんです。
そんで入場してね、並ばされたわけですけどなんか今から準備体操するとか言い始めるの。
普通準備体操とか聞いたらラジオ体操くらいのもんかなと思うじゃない。そしたらな、こいつはたまらんバイ。
『Pecori☆Night』だった。あの『Pecori☆Night』を踊れとか言いやがるの先生が。もうこれには「ちょwwwおまwwwwww」って言っちゃったよガチで。
だって『Pecori☆Night』だよ?これだよこれ→ 『Pecori☆Night』

もう完全に騙された、なにが玉転がしだ。こんなん絶対恥ずかしすぎる。
もう周囲のパパママ達もこれには「えええええええ!!!1」って騒然としてた、当然だよね、だって『Pecori☆Night』だよ。あのいい歳していきがってるDQN丸出しのオヤジも『Pecori☆Night』。パーマ失敗したような髪型したオバチャンも『Pecori☆Night』。
それで先生が振り付けを最初に教えてくれたんだけどいきなりそんなん教えられて踊れるわけねーだろと。実際は↑のPVのような激しい踊りじゃないけど、かなり↑と近いような振り付けだった、恥ずかしすぎる。
もうマジで逃げ出したかったがそういうわけにも行かずいよいよ本番となったわけですよ。

「一発で決めようね☆」

ゴリエの声が脳内に響く、ジャンジャンジャジャン♪と軽快なサウンド場内が流れ始めるわけですよ。
もうこれは覚悟を決めるしかない、とね、あの、踊りましたよ、ええ踊ってやったわ!
まさかこの歳になって『Pecori☆Night』を踊るとは思わなかったよ、まさか朝起きて今日『Pecori☆Night』を踊るハメになろうとは思わなかった。
でな、これがすごいもんで音楽流れちゃうとちゃんとみんな踊ってるのな、頭の悪そうなDQNパパも、失敗サザエヘヤーのママも、サーファーきどりのアイツも、フェラチオ大好きそうなエロ顔な奥さんも、THE・親方!と言わんばかりのゴッツイおっさんも、みんな『Pecori☆Night』。
キレの良いステップ踏みながらみんな踊ってた、横見るとなんと嫁も笑顔で踊ってるしー。
そんな中1人顔真っ赤にして「ウヘヘ」と満面の苦笑いでWINKのような踊りしてた俺。リズム感ナッシング。ほっとけや。
まぁそんなこんなで恥ずかしすぎる踊りを披露しまして、終わったなーと思ってるとなんと今から「大玉転がしリレー始めます」とか言ってるの。

「ちょwwwマジでさっきのが準備運動かよwwwww」

とまたまたリアルで言ってもーたわ。そんでリレーしたわけですが大玉転がしながら走ってたら勢い余って玉と一緒に転がる、みたいな漫画なようなこけ方を披露した俺。ダメおやじっぷりを発揮中。ほっとけや。
もうほんと恥ずかしかった。

そんでまぁそのあとは俺も良いオヤジしてましたよ。娘の行動ひとつひとつをデジカメに収める、そんなどこにでもいる運動会のオヤジしてました。
どうせ帰ってもまともに見ないのにね。

途中自分的にツボった競技があって、それは祖父母のみ参加の競技なんですけどこれが面白かった。
それまで子供達の競技には軽快なサウンドいかにもテンションあがりそうな楽しげな音楽が流れるんだけど、祖父母参加の競技には一切BGMナシ。
これなんて差別?とか思ったね、もうすげぇまったりした空気が流れてたもん。
そんで競技を進行する人が普通は先生じゃないですか。でも何故か祖父母参加の競技にはどっかから連れてきたようなじいちゃんにチェンジ。
ケンチキのオッサンをガリッガリに痩せさせたような白髪のご老人ですよ進行役が。
もうね、競技する人達もおじいちゃんおばあちゃんなら司会もおじいちゃんなわけで、めちゃめちゃスローな時間流れてた。せめて音楽くらい流して欲しい。
進行役のおじいちゃんも競技を実況してるんがいちいち合ってないの、全てワンテンポ遅れてるんです。
その競技ってのが一升瓶に代わる代わる水を入れていって一升瓶の中の小さな玉を早く一升瓶の外に出したら勝ち、みたいな競技なんだけど。進行役のじいちゃん目が悪いのか玉が見えてないのな、どのチームが一番最初に玉を外に出したとか見えてない様子でもうgdgdだった。
ずっと細目で実況してたからね、ワンテンポ遅れて。それが俺にはツボでかなりおかしかったです。

そんなこんなで昼1時半くらいで終了となったんですけど結果聞いたら驚いた。なんと全ての競技において赤組が勝利という事実が発覚。どんだけバランス悪いんかと。まるでリネ2のPvPバランス並のようだ。
まぁなんだかんだ言ってこれまで行った運動会の中では一番面白かったと思います。
『Pecori☆Night』だって途中から開き直って踊ってたからな俺、いや人前で踊るのに快感得たかも。
踊ってるとこデジカメで撮ってもらったんだけど、PCと繋ぐケーブルが無くなってしまってうp出来ないのが非情に残念で仕方ありません。
とにかく今回のことでこうやって運動会に参加もまぁ悪くないなと思えてきた。
娘の運動会は次は小学校なんだけどその時は積極的に参加したろうかな、と思ったり思わなかったりしました。


今日は非情に疲れたので適当に書いた。文章おかしかったらすいません(いつもだけど☆)



ユキヤ
21:47 | ダディ | comments(7) | trackbacks(0)

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--